キスゴムを使った流木レイアウト

流木はプレコに欠かせない必須アイテムですが、たくさん入れすぎるとゴチャゴチャして見難いものです。 また、底面に大量の流木があると糞の清掃がしにくくなります。

プレコ専用水槽では、水槽上層部に空間ができがちです。 ここでは、流木をキスゴムで固定することによって、流木を立体的に配置する方法を説明したいと思います。

用意するもの

  • ドライバーもしくはドリル(硬い流木はドリルの方が良い)
  • ねじ ×2 (さびないステンレス製が良い)
  • 流木(あまり大型ではなく小型の方が良い)
  • キスゴム(吸盤・・大)×2
  • はさみ

作成手順

1. キスゴムの輪っか部分の少し下の部分からハサミでカット

 

2. キスゴムの裏にねじを当て木にねじ込む

ねじを締めすぎて、ゴムを貫通しないようにしましょう。 錐かドリル等あれば先に穴をあけておくと作業がしやすいです。

2箇所ほどとめれば安定します

水槽の適当なところに貼り付ければ・・・

ほら、結構すっきりしますね。

作るのが面倒なときには

おおぞら観魚園では、流木にキスゴムを取り付けるサービスを行っております。 流木代と工費がかかります。 流木を持ち込まれる場合には工費のみです。

2007年4月現在

Created by : おおぞら観魚園 & Geekなぺーじ
Copyright (C) プレコ王国. All rights reserved.
プレコは「水槽内の苔取り屋さん」ではなく、アクアリウムの主役です