タイタニックトリム幼魚購入時の注意点

タイタニックトリムは綺麗なオレンジが入っているものが好まれます。 他のプレコでも 上流産・下流産で色目が違うように タイタニックのオレンジ色の強いものは上流産ではないかといわれています。

また、タイタニックトリムの幼魚は、 他のトリムに比べて 少々小さなサイズでやってくる傾向があります(4〜5cm程)。

上記の2点から推測できることは以下の2点です。

体力

どの魚でもそうであるように幼魚は体力面が弱い上に、輸送直後は体力を落としています。

水質

上流の方が水が綺麗であると思われるので(亜硝酸等少ない)、清潔な水質を心がけます。

対策

対策は、まさにこれを元に考えるとおのずと答えが出てきます。 可能であれば輸送直後の個体は避け、良い水質を維持するようにしましょう。

導入時はお店に問い合わせるか、そのものを見て動きをチェックしましょう。 きびきびした動きだと安心です。 力なくユラ〜ッと泳ぐものは避けます。

ついつい綺麗な個体の誘惑に負けることもありますが、立ち上げてすぐの水槽に幼魚を入れるのは可能な限り避けましょう。 水槽立ち上げ当初は水質が安定しない事が多いです。 逆に、水が古くなりすぎた水槽も危険です。 タイタニックに限らず、プレコの幼魚はあまり強くないので各々のスキルに合わせてください。

ストレス

また、追記としては他のプレコのほうが大きなことが多いため、 プレッシャーを受けることになりやすく拒食が起こりやすくなります。 (これはタイタニックに限ることではありません。)

他魚との関係を把握し、タイタニックの幼魚がプレッシャーを受けるような環境であれば別水槽へ移すようにしましょう。 無理なら産卵箱などへ移動することによって保護する事も可能です。 餌食いがよくなって動きが良いようなら隠れ場所のある水槽へ導入してください。

最後に

少々大きくなると(10cm前後)、丈夫になります。 そのため、体力的に強くなったサイズの個体を求めるのも方法の一つです。 小さい個体を購入した場合でも、ある程度育てれば丈夫になるので最初が肝心です。

2007年7月現在

Created by : おおぞら観魚園 & Geekなぺーじ
Copyright (C) プレコ王国. All rights reserved.
プレコは「水槽内の苔取り屋さん」ではなく、アクアリウムの主役です