Lナンバーとは?

プレコの名前は国によって異なります。 例えば、「オレンジフィンブラックカイザー」は「Mango PlecoやBlack fin kaiser」、 「ブルーアイアカプレコ」は「Tapajos pink cochliodon」、「ゴールドエッジアンジェリカス」は「Hypostmus luteus yellow」と日本と(アメリカなどの)英語圏では全く名称が異なります。 また、同じ日本国内であってもエンペラーペコルティアとフラッシュペコルティアのように同じ種類に複数の名前がついている場合があります。

学名で表記するという方法もありますが、学名はあまりに難しく、また、spとして重複して分類されるもの非常に多いです。 例えば、インペリアルタイガー、ニュータイガープレコ、オレンジエッジペコルティア、ブラックタイガープレコ、レオパードタイガー、サンダーペコルティア、その他多くのタイガープレコは全部「Peckltia sp.」になってしまいます。


インペリアルタイガー

オレンジエッジペコルティア

レオパードタイガー

サンダーペコルティア

このように世界中で名前が氾濫しているプレコですが、Lナンバー(エルナンバー)と呼ばれる世界標準のように扱われている名称があります。 このLナンバーはドイツでカタログ的につけられたナンバーであり、特に種類別になっているわけではありません。 また、発見に伴ってついて行くので、時にダブったナンバーが存在します。

このLナンバーによって、世界各地で呼ばれている呼称の違いがカバーされ、間違ったオーダーがされにくいようになっています。 Lナンバーは実際には世界標準ではありませんが、世界標準のように扱われています。

Wels Atlas 2

ハードカバー: 1359ページ

出版社: Mergus Verlag GmbH (2005/10)

言語: ドイツ語

ASIN: 3882440678

Lナンバーを紹介した代表的な書籍です。比較的新しい種類も紹介されています。ただし、ドイツ語です。

2007年1月現在

Created by : おおぞら観魚園 & Geekなぺーじ
Copyright (C) プレコ王国. All rights reserved.
プレコは「水槽内の苔取り屋さん」ではなく、アクアリウムの主役です